開発会社インタビュー

品質に自信あり。掲げるのは「コアソフト・クオリティ」― 株式会社コアソフト

■常時50名体制で、幅広いジャンルのWebシステム・アプリ開発に対応

当社は、2000年設立の開発会社です。医療系業務システムの受託開発から始まり、現在はWebシステム・アプリの受託開発や、クライアント常駐型のシステム開発を行なっています。

受託開発は、常時50名前後の開発体制で、現状ヒアリング・分析から、システム導入のコンサルティング・提案・開発・運用・サポートをワンストップサービスとして提供しています。開発は、オフショア(海外)で行わず、全て国内で開発しています。

開発・制作事例としては、ニトリホールディング様のコーポレートサイトや、本田技術研究所様の論文サイト、大学・公共団体様のシステム開発実績などがあり、中小企業様から大手企業様まで幅広くお仕事を頂いています。また、最近では、アイリスオーヤマ様、Z会様、理化学研究所様等からもご依頼を頂いております。

HP制作実績 (左)ニトリホールディングス様、(右)千葉市図書館様

■品質に自信あり。掲げるのは「コアソフト・クオリティ」

当社の開発サービスは品質を重視しており、次の点を総じてコアソフト・クオリティと呼んでいます。

・顧客の業務並びにサービスを十分理解した提案
・顧客の要望より1つ上のサービスの実現を目指す
・納期厳守、納入物の品質保証
・納入後の十分なサポート体制

受託開発で大切にしている事は、最初の段階でかなり深いところまで行うヒアリングと要件定義です。出来上がったものと求められたものとの乖離を小さくするのが目的です。通常、見積もりを出した後に何か出てくると追加費用になりますが、そうならない為に初期段階でかなり細かい見積もりをお出しする事で、後々の誤差を最小限に止められると考えています。


お話をうかがった、取締役 菊地 幸平氏

■AR・VR等、先端技術を取り入れた開発を提案

現在、積極的に取り組んでいるのが、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)です。VRは未開拓な分野であまり知られていないと思います。それをどうクライアントの事業に活かしていくかを現在提案させていただいているところです。例えば、旅行やスポーツ観戦で集客を促す施策として展開が可能です。最近では、宮島のバーチャル体験サイト「宮島VRツアーズ」をオープンしました。360度パネルを使い、各地点をつなげることによりバーチャルツアー体験を提供する事ができます。視線を移して次の拠点をクリックするとまた違う眺めが見られて…というのが面白いですよ。


360度パノラマを活かしたサイト (上)宮島VRツアーズ、(下)Carp公式スタジアムVRツアー

■お客様の声にとことん向き合います

これまで、弊社はお客様のご要望に応え続けることで成長してきました。「弥生会計」などの弥生製品に対応したクラウドサービス「eクラウド」の開発もお客様の声がきっかけです。「会計ソフトは使い続けたい、一方で特殊な業務の中で手も加えたい」という要望から、弥生株式会社様の開発パートナーになり、製品自体の機能を残しつつ、ECサイトやクラウドサーバーを会計ソフトと連携させ、業務の効率化を達成しました。

今後もお客様の声にとことん向き合い、新しい技術を取り入れた企画・提案を行なって参ります。どうぞお気軽にご相談ください。

会社名 株式会社 コアソフト
URL https://www.coresoft-net.co.jp
設立 2000年12月15日
代表取締役 尾崎 亘
本社所在地 東京都台東区浅草橋5-2-3 鈴和ビル6F
ページ上部へ戻る